MENU

家具の表面材について

【無垢材】

無垢材とは、合板や集成材のように人工的に加工されたものではなく、一本の木でつくられた木材のことをいいます。質感・風合いという魅力はもちろん、シックハウス症候群などの問題が取り沙汰される昨今では、化学物質を含まない自然素材としても注目されています。反面、使用環境によっては、ヒビが入ったり反りが生じたりなど、自然素材ならではの欠点もあります。

当社では、テーブルや椅子の脚、またキャビネットやチェストのガラス扉・猫脚などに使われています。
ウレタン・ラッカー塗装をして仕上げます。

【突き板(単板)】

木材をダイコンのカツラ剥きのように薄くスライスしたもので、MDFやフラッシュ構造合板の 表面材として使われます。天板に無垢材や集成材を使用するとかなりの重量になってしまいますが、突き板をフラッシュ構造合板に貼り付けることで天然木の風合いの良さと、軽量化の両立ができるため、高級家具にも使われています。

木材の角材を機械で削り出すことを突くといいます。ここから突いて削りだした板を突板(銘木突板,天然木突板)と呼ぶようになりました。 突板は一般に家具,キャビネット,建築物の内装用の装飾表面材に多く使われるところから化粧単板とも呼ばれています。

一般に突板の厚さは 0.15mm~1.2mm位まであり,0.5mm以下を薄単板,それ以上を厚付単板と呼びます。また,突板の中で杢目の美しい木,色のきれいな木,香のすばらしい木,形の珍しい木等化粧性に優れた木材を銘木突板といいます。この突板は単板とも呼ばれ,天然化粧単板,天然銘木単板,天然突板単板は同じものを指します。ウレタン・ラッカー塗装をして仕上げます。当社では扉や天板、本体の表面材に、この厚付単板を使用しています。

 

SERIES