「日本の伝統色277色」とジャパンディスタイル

日本文化の一面として、
季節や風景、動植物などの自然から名付けられた
【和色】として277色が登録されている伝統色、
今日でも共感でき、生活の中に溶け込んでいます。

 

それぞれ、いろいろな由来があるそうですが、
「四季」に関する日本人的感性が込められた
古くから日本の生活と結びつく素敵なネーミング

 

私たちも、普段さりげない振る舞いの中で、
日本人のDNAとして活かされているそうです。

 

青系・赤系・黄系・茶系・緑系・紫系の6系統
春・夏・秋・冬の4季節
そして 12ヶ月の色と誕生色

 

それぞれを単体に使ったり組み合わすことで、
さらに微妙な季節感を表現しています。

 

さて、お洒落なヨーロピアンエレガンス的な
グレイッシュカラーの「グランブルーシリーズ」
一見、和の空間にはそぐわないかと思われますが
その日本名 浅葱鼠(あさぎねず)は、
鼠色が流行した江戸時代に生まれた人気の色名です。

 

江戸時代華やかな文化の中で、
格好いいと言われていた人たちは、
ちょうど今流行のくすみカラーのように
鼠色を上手に取り込んでいたのだそうです。
また、今の季節にはぴったり。
9月17日生まれの人の誕生色なんだそうです。

 

色言葉は、安定した人柄で冷静沈着・直観と思いやり
令和の今、流行の兆しを見せている
北欧と日本の融合「ジャパンディスタイル」

 

・実用的な家具をミニマルなレイアウトに置く
・ニュートラルな色の組み合わせで、
物を落ち着くように配置
・柔らかくて明るい自然素材がポイント

 

季節の変わり目、
ちょっとお洒落の最先端を取り入れるのなら、
日本の伝統色をあらためて見直した方が
よいのかもしれません。
.
.
.
グランブルー シリーズ
https://www.tokaikagu.co.jp/series/grand-blue
【 TOKAI KAGU  Official Instagram 】
● 詳しくは 上記、URLをご覧下さい ●

- SERIES -