『UQUEEN』(ユークイーン)で見るロココ

最近気になるUQ mobileのコマーシャル
女王様気質のUQUEEN役の満島ひかりさんと、
おとぼけ執事役の松田龍平さんの二人。

 

「これからのスマホはすべて、
この私が決めます!」
スマホを掲げながら
威勢よく発表するUQUEEN。

 

「反対意見のある人は、
足の指を上げてくださーい」
と戸惑う民を気にもせず、

 

「はい!いないようなので、
決定でーす。」
強引に話を進めてしまう強引な
UQUEENを見つめながら、
「世の中変えるのは、
案外こういう人かもな・・・」
と心の中でつぶやく執事。

 

※参照:https://www.uqwimax.jp/cm/
※参照:KDDI株式会社のプレリリースより

 

 

貝殻装飾(イタリア語でロカイユ)を
語源とするロココ様式は、
ヨーロッパインテリア装飾の
源流の一つともいえるものです。

 

優雅で繊細、曲線的なこの様式は
ポンパドゥール夫人の
サロン文化により最盛期を迎えました。

 

ポンパドゥール夫人は、
たぐいまれな美貌と知性、
その洗練された芸術的センスによって
「ロココの華」と謳われた
18世紀フランス宮廷の影の実力者です。

 

本名は
ジャンヌ=アントワネット・ポワソン

 

平民の出身であった
彼女はその美貌と才知で
ルイ15世の心をつかみ、
1745年以来宮廷を牛耳る実力者として君臨。
政治に興味が無かった
王様の代わりに政治に関わるようになり
ついにはフランス王国の宰相のような
存在に登り詰めました。

 

時代の先端を行く女性らしく、
知力の高さと、政治手腕は確かで
外交面でも力を発揮し、

 

「私が支配する時代」

 

自らと言ったほどの
サロン文化で花開いた社交界のトップと言えます。

 

「贅沢でわがままな女王様」という、
イメージがついてしまっていますが、
サロン文化の発達は、
まだ女性の地位が低く見られていた時代に
女性達の活気的な勉強会的要素を持ち、
虐げられてきた女​性の社会進出の
手助けにもなった要因と言えるのかもしれません。

 

そして、それがフランス革命へ繋がるのだから
歴史的に意義があったのでしょう。

 

優美さと繊細さ、流線の美しさを活かした
ホワイトエレガンススタイル。
立体的に組まれたカブリオールレッグ(猫脚)と
アクセサリーを思わせる
手彫りの彫刻がソフトでフェミニンなブランシリーズ。

 

もちろんポンパドゥール夫人の
ほしがる贅沢品では無く
『UQUEEN』(ユークイーン)がお奨めの庶民価格
「シンプルを、みんなに」
ロココ調デザインの歴史を少しだけ、感じてみませんか?

 

ブランシリーズ
詳しくはこちらから

https://www.tokaikagu.co.jp/series/blanc
【 TOKAI KAGU  Official Instagram 】
● 詳しくは 上記、URLをご覧下さい ●

- SERIES -