MENU

あのドラマに我が家のチェストが出演?

「ほら、見てごらん
この家具は見る方向で模様が変わって見えるんだよ」

 

扉に近づいて、目を上下左右に振って見ると
その家具は色の濃さや模様が違って見えた。

 

「木象嵌って言うんだ」

 

父がちょっと誇らしげに説明してくれたのを
今でも覚えています。
扉だけでなくて
天板を縁どる装飾帯をよく見ると
光の方向や強さ次第で木肌の照りが変わり、
その模様と色がゆらめく様に変わって見えました。

 

それから18年経ち、
まさか我が家のリビングにある
この家具をテレビドラマで見ようとは・・・・

 

半沢直樹  

 

あの大和田取締役の広い部屋の中央に登場していた
特徴的な形と象嵌細工の模様・・・
目の前のサイドボードと
テレビの中の家具を交互に指さしながら、
うれしさを隠しきれない父の姿がそこにありました。

 

木象嵌というのは、薄い板を部分的に切り抜いて、
そこに同じ形にカットした違う色味の木材を
はめ込んで装飾にすることで作られます。

 

嵌めるパーツと土台となるパーツは
同じ形に切り抜かなければならないので、
職人の熟練した繊細な技術が必要とされて、
土台の切り抜きの大きさが小さいと
きれいにはめ込むことができず、
逆に大きいと今度はゆるくなって
見た目がきれいに仕上がりません。

 

ベネチアシリーズは、もうすぐ20年
人気の秘密はやはり職人の技にあるのかもしれません。
ベネチア↓
https://www.tokaikagu.co.jp/series/venezia
● 詳しくは 上記URLをクリック ●

- SERIES -