サスティナブル・ファニチャー

実は、今度の定例スタッフミーティングで、
『サスティナブル』(Sustainable)
『SDGs』(エス・ディー・ジーズ)について、
自社の取り組みをお客様にどう伝えるかを
発表するようにと上司から指示があったんです。

 

「SDGs」最近、いろいろなところで見かけるけど
最初に思ったこと・・なんでsが小さい???
それに、なんの略だろう・・・・・検索すると
「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」
の略称
もっと訳分からなくなってきた

 

だから・・・なんで最後のsが小さいの~???
そこから前に進めなくなった私は
同じ疑問が無いのかと調べてみた
「SDGs」の目標は17あり、
複数である事が重要だから・・なんだそう
そういえばそんなピストグラムを街中で見かけたような気がする
なんだか難しい・・でもレポートまとめなくっちゃ

 

私に優しい解説書は無いかしら・・・・。

【彼女に代わって簡単に説明すると】
木工家具は本来、サスティナブルな製品です。
加工が比較的容易な木材は、
製品に加工するのに金属や
鉱物に比べて環境への影響は極めて少なく、
修理をすれば長く使えるのが特徴です。

 

エコ素材を使うことも大切ですが、
何世代にも使われて
引き継がれる優れたデザインの家具を
作ることも持続可能と言えます。

 

サスティナブル(持続可能)な家具というと、
リサイクル材など
「エコ素材使用」のイメージがありますが、
デザイナー達の創造した、
自然が与えてくれた本物の木材を使い
世代を超えて長く愛用されている家具のデザインは、
これから先も、
サスティナブルな社会に貢献できている
製品なのだと言えます。

 

また、天然素材と、欧米でいち早く発達し、
木材資源の有効利用を図った素材
「MDF」を組み合わせた木工製品も優れた品質特性
とともに、サスティナブル素材として注目されています。

 

TOKAI KAGUのケントハウスシリーズは、
インドネシアで植林された
天然資源「マホガニー材」とMDFを効果的に採用した、
ハイブリッドなサスティナブル製品です。

.
.
ケントハウス
https://www.tokaikagu.co.jp/series/kenthouse2021
● 詳しくは 上記、URLをご覧下さい ●

- SERIES -