フローレンス・ナイチンゲール

明日から、久しぶりの出勤。
かつての勤め先だった総合病院です。

 

子育て期間を経て、待機看護師となった私
いよいよ出番がやってきたようです。
折しも明日5月12日は
敬愛する
ナイチンゲールの生誕の日。

 

クリミア戦争で敵・味方の分け隔て無く
負傷兵達を看護したり、戦地の病棟で衛生状態の
改善を図り、蔓延する感染症を改善した、
近代看護教育の母と言われた人です。

 

ナイチンゲールの志を持って、
私も明日から命を助ける仕事に戻ります。
シルバーの鏡とグレイッシュブルーのチェストで
出かける前の最後の準備をするのが私のお気に入り。

 

戦地へ向かったナイチンゲールのような気持ちで
気を引き締めて患者さんと向かい合います。

 

グランブルーのチェスト
私のブルー・プラークでもあるんです。
WEB限定 グランブルー

ロンドンの町のかつて著名人が住んだ家、
歴史的な出来事が起きた建物の外壁に
ブルー・プラークと言われる、50㎝ほどの
青い円形のプレートが取り付けられています。

 

ロンドンから国内へ広がり、1954年より今日まで
800枚以上がイギリス国内で設置されています。
フローレンス・ナイチンゲールについて
ブルー・プラークについて
上記をクリックしてご覧ください。

 

.
.
.
グランブルー

https://www.tokaikagu.co.jp/series/grand-blue

● 詳しくは 上記、URLをご覧下さい ●

- SERIES -