星に願いを

「織姫と彦星」
天上界でたぐいまれなる織物の名手であった織姫
天の川の岸辺で彼女が織る衣装は
どんなものよりも美しかったそうです。

 

適齢期なのに働いているばかりの娘を見て、
織姫の父・天帝が対岸で働く牛飼いの彦星を紹介した事が
この悲劇の始まりとなりました。

 

2人は初めて会った瞬間に恋に落ち、
すぐに結婚
ところが、愛し合う2人は、幸せな生活のために
織物や牛飼いの仕事を放棄してしまいます。

 

天帝は織姫と彦星が職務を
放棄したことに怒り
2度と会えないように2人を引き離しました。

 

悲しいの淵に立たされた織姫は絶望し、
天帝に何度も彦星と会うことをお願いしました。

 

そして7月7日、1年に一度だけ会えるように
して貰えたのですが、天の川には橋が無い
再び悲しみに苦悩する織姫を助けてくれたのは
空を飛ぶカササギの群れ
翼を広げて橋を作ってくれる事になりました。

 

あらためてその発端を調べ直すと
織姫の父親の天帝が酷い人に思えます。

 

おまけに1年に1度会えるようにした7月は
天上界も天気が悪い日が多くて
天の川に橋が架かっても、渡れなかったり
お互いの姿も見えない年も多いのだそう

 

短冊に書かれる七夕の願い事

 

次から次へ襲いかかる困難の中でも
きっと、かなうこともあるという、
けっこうハードルの高い願い事のようですね。

 

織姫と彦星の七夕は何百年経っても悲劇の2人
ですが、せめて、自分たちの願い事は
身近な幸せがかなうといいなと

 

ミルキーウェイ(天の川)のような、
私の大好きなチェストの前で、そう願いました。
.
.
ブランシリーズ
https://www.tokaikagu.co.jp/series/blanc
● 詳しくは 上記、URLをご覧下さい ●

- SERIES -